投資信託

ひふみから楽天へ NISA口座を変更してみた

どうも、なぐです。

昨年から始まった「つみたてNISA」
ひふみを積み立てしたかったので、「ひふみ投信」で口座を開設
その後、楽天証券でも「ひふみ」が買えることを知りました。

楽天証券だと、ひふみ以外の銘柄も購入できるし、
なによりポイント付与が大きいので変更することにしました。

口座変更に関する注意点

NISA口座の変更にあたって注意する点がいくつかあります

NISA口座はいつでも変更できない

NISA口座の変更は1年単位でしか変更できません

変更したい年の前年の10月から変更したい年の9月30日までに
手続きをする必要があります。
2019年に変更したい場合は2018年10月より変更開始可能となります。

ただし、その年に同年内にNISA口座で1度でも買付が発生していた場合、
同年内の変更は不可

2019年に買付が発生→2020年まで変更不可。
変更手続きは2019年10月から出来ます。

保有している投資信託は移行出来ない
それまで買付していた投資信託は、新しい金融機関には移行できません。
そのまま所持するか、売却をしましょう

以上の注意点をふまえ、口座変更してみましょう!

NISA口座の変更

NISA口座およびつみたてNISA口座は1人につき1つしか持てません
自分の場合はつみたてNISA口座を「ひふみ」で開設しているので、
「楽天証券」で開設するためには変更をしないといけません

まずは電話しよう!

ひふみの場合、電話をすると金融商品取引業者等変更届出書が送られてきます。
まずはこれを記入し、返信します。

勘定廃止通知書をゲットしよう!

約1週間で勘定廃止通知書が送られてきます。

これを口座開設したい証券会社に送ります。

NISA口座の開設には時間がかかるので、
同時進行でNISA口座の開設の書類を取り寄せておくとよいですね。

口座の変更完了

楽天証券の場合は、口座変更の通知がメールで来ます。

メールが来れば無事に完了です!

口座変更が出来ても、つみたて設定は月末まで出来ないようです。
11月に変更完了しましたが、12月25日現在つみたて設定できていません。
年をまたぐからかもしれませんが…

また、楽天カード払いだと、さらに月末になってしまうので、
口座変更完了の翌々月からの買い付けになるかもしれませんのでご注意ください

12月25日現在、NYダウや日経平均が大幅下落していますが、
底でコツコツ積み立てることでより効果を発揮します。

評価額に一喜一憂せずに淡々と積み立てていきましょう!

以上、なぐでした。